FXのトリセツ

 
キーワード: 一段高   含み益(評価益)   25日移動平均線   アスク(ASK)
 
 

オススメのページへ

投資スパン とチャンス
通貨 の種類
FX の手法
実際 にFX はどうなのか
マイナス を抑える原則 とは
確実に 稼ぐ には
FX と市場
FX のビギナー
為替 の傾向
オススメ のFX 業者

 

オススメです!

http://sirius-web.com/worldfx/xm/xm-japan.html


FX とカレンシー

通貨 の本当 のニーズ に関係なく、センチメンタルでも市場 は劇変 することがありますから、チャンス を見つけてください。 そもそも 仕事で忙しいという方 は、長期で取り引き をするポジショントレードがメリット があるでしょう 。

レート が動く要素 は、何といっても テクニカルとファンダメンタルズの2つだということは、本当 に取り引き すれば見えてきます。 時たま 欲が出て損切りを入れなかったりレート が回復する のを期待してポジションを持ち続けたりするのは根本的に 危険 が高いですからやめましょう。

どのくらいの期間 ポジションをキープ できるのか考えることで、自分の投資のスタイル を決めるツボ となります。 ドルコスト平均法は、レート のもみ合い状態では有効 な取引 の方法 ですが、下降トレンドではナンピン買いと同じですので配慮 が必要です。

ほとんどの場合 、FX の取引 ではマイナス が出たときに冷静さを確実に キープすることは相当 大事 なのです。 FX の場合、売値と買値の差であるスプレッドは費用 と考えてピッタリ な売買 会社 を選びたいですね。


予想外 な値動き に留意

儲け が出始めたら、希望 のところまでリターン を伸ばすことを意識してやる気 を継続 してトレード を続けましょう。 資金量や戦法 、取り引き の最新の 秘訣 、判断スピードで個人投資家 がプロトレーダー の真似 をできるわけがないので、中長期投資を狙うのが実用的 と言われています。

オセアニアの通貨 であるオーストラリアドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)は、近頃 は次第に 取引き 量が増えてきた通貨 ですので 、研究 したいですね。 スプレッドやスワップポイントは、取引き の出費 ですから、為替手数料とトータルで検討 したいところです。 話は変わりますが 、為替 の大きな流れ を読んで投資するポジショントレードだと、トレード 回数が少なくていいのが利点 です 。


−今日のFX用語−
スワップポイント
「スワップポイント」とは、為替取引をした2国間の金利差のことです。
 
 
© Copyright